重要!決算書不要の資金サポート

決算書が無くても資金サポートを受ける方法とは

資金サポートと決算書

各地銀が提供するプライベートローンは決算書なしでも受けられる資金サポートの一つです。 あくまで法人や企業として借りるのではなく、個人として借りるため決算書は必要ありません。 プライベートローンにも資金サポートを受けるための条件があるので注意してください。

ビジネスローンについての基礎知識

数は決して多くはありませんが決算書なしで受けられるビジネスローンも存在しています。 これらのビジネスローンに関しましては地銀が提供するプライベートローンよりも振れ幅があり、審査期間や金利、借入上限が金融機関によって異なるので、それぞれの違いを知り、検討していくと良いでしょう。

決算書なしで資金サポートを受けるために知っておくべきこと

決算書なしで資金サポートを受けるためにはおおよその場合、各金融機関ごとに条件を満たす必要があります。 各金融機関ごとの条件や、もし条件を満たせなかった場合の方法についても紹介していますので、それぞれの特徴を踏まえ、自社に合っている方法を適切に選べるようにしておきましょう。

プライベートローンについての基礎知識

決算書と一口に言っても、その実一つの書類を指すのではなく、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書など、決算に関わる書類の総称のことを指します。
資金サポートを受けるうえで決算書の存在はかなり大きなファクターとなっています。
というのも、決算書はいわばその企業が年間でどれだけ稼げるかを客観的な数字で表したものであり、資金サポートをする側としては資金の回収ができるかどうかを見ることができる最も端的なバロメーターとなるからです。
資金サポートを受ける側としては「そんな健全な決算書が出せるのなら最初から苦労しない」と言いたい方もいらっしゃるかもしれません。
赤字の決算書しかなくて銀行からの融資を見込めない、事業を始めてから間もなくそもそも提出する決算書がない、決算書はあるけど審査の時間が惜しいなど、決算書が出せない理由は様々でしょう。
そういった理由から、資金サポートを受けたいと思っているけれども一歩踏み出すのには躊躇している方もいらっしゃると思います。
ご安心ください、決算書を提出せずとも受けられる資金サポートがあるのです。
方法としてはいくつかありますが、大別すると二種類になります。
一つは個人向けのプライベートローン、もう一つは法人向けや個人事業主向けのビジネスローンです。
それぞれに違いはありますが、基本的には決算書を必要としない代わりに、受けられる資金サポートの限度額が低かったり、金利や他の条件が厳しかったり通常の資金サポートとは異なる点も多いのでしっかりとその差異を理解する必要があります。